悪徳商法に騙されても焦らずに身近な人や専門家に無料相談

悪徳商法相談

悪徳商法の被害にあった時の対処方について

悪徳商法の被害のあった場合、速やかに消費者生活センターに連絡する事が大切です。消費者生活センターは、地方公共団体が運営している期間なので、様々な相談に乗ってくれます。また、消費者庁による消費者ホットラインが開設されたので、188に電話をすると最寄りの消費者生活センターを案内してくれます。
しかし、このような対応は、被害にあってからの対処方法なので、被害を受けない事が先決です。被害に合わない為には、事例を知る事が大切です。実際にあった相談から解決までを例にあげて、対策方法を考えてみます。被害者は60代女性で、最初は電話による営業から始まり、大手通信会社を名乗ったので安心してしまい、翌日自宅に来る事になりました。
男性が一人で訪問して、今使っている電話会社がWi-Fiの設置をする事になったと、一方的な話をされて契約をしてしまいました。翌日になり身内に話をした所、そんな話はおかしいと言われ、生活センターに連絡しました。結果的に、クーリングオフで契約は無効にできました。
この事例を見ても、大手通信会社を名乗って安心をさせると言う手段を使っています。一方的な契約などはあり得ない話ですが、公共機関や大手の会社を名乗っていても、おかしいと思う時は、その相手が名乗った場所に電話をして確認するが大切です。ただ、電話をする時は相手に聞いた連絡先ではなく、自分で調べた連絡先にかける事が重要です。

New

2017年06月27日

悪徳商法業者の見分け方について

普段、自宅にいる機会が多い主婦や高齢者の多くが訪問販売や営業マンの対応を行…

New

2017年06月27日

悪徳商法業者に多い特徴

世の中には多くの訪問販売や飛び込み営業があり、日中在宅時間が長い主婦等は対…

New

2017年06月27日

悪徳商法について

悪徳商法とは、販売者が不当な利益を得るような、社会問題のある商売方法になり…

New

2017年06月27日

悪徳商法の被害にあった時の対処方について

悪徳商法の被害のあった場合、速やかに消費者生活センターに連絡する事が大切で…

Menu list

TOP